9月分日記



それが青春というものさ (9/3)



 ありのままに今起こった事を話すぜ。
 『マジシャイン=ヒカル先生登場記念とか言って作ったハズのTOP絵が、気が付いたら劇場版公開記念のシーズンになっていた』
 な…、何を言ってるのか分からねーと思うが、俺も何をされたのか分からなかった…。頭がどうにかなりそうだった…。催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。

 <挨拶

 ジョーです。こんばんわ。

 いや…。その…。…な?

 8月は仕事が忙しくってさ…。それで、第三次スパロボαクリアしたりPC自作してたり海行ったりしてたら更新する暇が無くってさ…。

 そしたら例によって「アンタたまには更新しなさいよ!」って怒られるしさ。母に。

 ええと。R.C.protは基本的に特撮ファンサイトですので、その辺よろしく。


 さてさて。それでは、前回更新で放置してたネクサスのクライマックス編のお話。…は、とりあえず保留いたします。

 それっていうのが一応理由がありまして、かのネクサスは余りにもアレな展開のせいで打ち切りを食らったというのは周知の事実ですが、現在好評発売中のDVDでは、ディレクターズカットと称して、本放送版の未公開エピソードを収録しているらしく。どうせ語るならそっちを見てから語ったほうが面白いかなぁ…。とか考えた次第です。

 俺、思うんですけどね。これって、おもちゃが売れないネクサスはDVDを売って元を取るぞ!ってスポンサー(=バンダイ)の意向で敢えて打ち切って、DVDに魅力的なコンテンツ(=未公開エピソード)を追加して大きいお友達を罠にかけたって可能性が高いって思うんですけどね。どうでしょうね?

 罠と分かってても特攻しかけてる俺が居ますけどね。

 くそぅ。卑怯だぞ!正々堂々と勝負しろ!


 さてさて。それでは今日は、本日公開を迎えました劇場版マジレン&響鬼のお話。ちょっとでもネタバレが嫌な方は見ないように!


――― 避難スペース ―――


                   r、ノVV^ー八
                 、^':::::::::::::::::::::::^vィ       、ヽ l / ,
                 l..:.::::::::::::::::::::::::::::イ      =     =
                    |.:::::::::::::::::::::::::::::: |     ニ= 仙 そ -=
                  |:r¬‐--─勹:::::|     ニ= 道 れ =ニ
                 |:} __ 、._ `}f'〉n_   =- な. で -=
  、、 l | /, ,         ,ヘ}´`'`` `´` |ノ:::|.|  ヽニ .ら. も ニ
 .ヽ     ´´,      ,ゝ|、   、,    l|ヽ:ヽヽ  } ´r :   ヽ`
.ヽ し き 仙 ニ.    /|{/ :ヽ -=- ./| |.|:::::| |  |  ´/小ヽ`
=  て っ 道  =ニ /:.:.::ヽ、  \二/ :| |.|:::::| |  /
ニ  く. と な  -= ヽ、:.:::::::ヽ、._、  _,ノ/.:::::| | /|
=  れ.何 ら  -=   ヽ、:::::::::\、__/::.z先.:| |' :
| ニ る と   =ニ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|'夂.:Y′ト、
/,  : か   ヽ、    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::_土_::|  '゛, .\
 /     ヽ、     | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|:半:|.ト、    \
  / / 小 \    r¬|ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \


―――ここまで―――


 さて。皆様の退避が終わりましたところで、まずは劇場版マジレンジャー「インフェルシアの花嫁」。

 今年は前情報無しで見に行ったのですが、それで一番驚いたのは、インフェルシアの花嫁って山崎さんのことですかぁっ!?ってあたりで。とにかく衝撃的。

 同級生の魁はともかくとして、冥獣人バーサーカーの王ことグルーム様は、守備範囲が低すぎると思います。…って書きながら思い出しました。すみません。去年の始さんのほうが守備範囲低かったですね。グルーム様、全然オッケー。

 何はともあれ、今年の戦隊劇場版も例年並に安定して面白い作品でしたね。魁チンが熱いし、ウルザード様ほぼ出番無いし、大聖者マジエル様が曽我町子だし。

 マジエル様は往年の特撮ファンのためのサービス精神が感じられて良かったのですが、個人的にちょっとだけ残念だったのが、ウルザード様の扱い。アレはアレでカッコ良かったんですけども、もうちょっと活躍して欲しかったかなぁ。

 それにしても今回、単独でインフェルシアに突入して、結婚式場に殴りこんで山崎さんの「傀儡の指輪」を壊したマジレッドが、その場で山崎さんと結婚式を挙げるのが一番のハイライトのシーンだったのではないでしょうか?

 メイミーとかナイ&メアとかグルーム様とか、インフェルシアの最強軍団の真っ只中で白い光放って抱き合ってないで、いいから早く逃げろよお前ら。

 そして、今回のフィナーレ。ソード・オブ・グルームを撃破してサッカーの試合に挑んだ魁は、試合終了間際にシュートを放つも、惜しくもポストに嫌われる。「決勝ゴールを決めたら俺を君の一番にしてくれないかな?」という山崎さんとの約束を果たせなかった魁は落ち込んで、


 「俺、ゴールを決められなかった…」
 「でもあの時、決めたでしょ?」
 「え?それ、どういう意味?」
 「ふふふ。内緒!」
 「何だよそれ!待てよこいつ〜!」


 夕日をバックに追いかけっこを始める二人。それを見ていたヒカル先生が一言。


 「これが青春というものさ」


 場内大爆笑でありましたとさ。

 ああ、面白かった…。



 そして、劇場版仮面ライダー響鬼「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」。

 今年の脚本も例年通り、神・井上先生。今ひとつまったりムードで、まあ面白いんだけど特筆するほどには盛り上がりきらないという大変微妙な響鬼の世界に、例年のライダーの熱い伊吹を吹き込んでくれるのではないかとこっそり期待しておりました。

 その結果は…?

 とりあえず本作はタイトル通り、かの有名な「七人の侍」のオマージュでありまして、要約すれば、ある魔化魍に狙われた村を守るため、仲間になってくれる七人の鬼を集めて戦ってもらおう!というストーリーなのであります。

 戦国時代に生きたもう一人の明日夢君たちの物語なワケですが、ここに若干の明暗があって面白かったです。恐らく勝者になるのがザンキさんで、劇場版ではトウキさん役。

 TVの最後の「ご当地ライダー紹介」で明日夢君に「ザンキさんですよね?」と、話を振られまくり、最後には「自分流でやれよ…!」と、ボロを出す(ファンサービスとも言う)あたり、ちょっと面白かったです。

 反対に、大変残念だったのが、あきらさん。劇場版での役どころは、開幕5分で魔化魍に食われる生贄。

 ま、まあ、役名「鈴」で、本当の意味では転生あきらさんでは無かったわけですが、それにしても大変残念でした。(何がか


 さてさて。そんな劇場版響鬼の見所紹介。これは何と言っても、こんな戦国時代はありえねぇ!テイストではないでしょうか?主にカブキさん。


 「あんまり食いすぎると、いくらダイエットしてもリバウンドってモンがあるんだよ…!」


 井上ワールド全開。というか、カブキさんのキャラが井上ワールド。

 そして、戦国時代の鬼さんたちが持っているディスクアニマルもどきである「式神」は、見た目まんまディスクアニマルでも一応式神でありまして。俺は紙のイメージだったんですけど、なんか実際は、アニマルはアニマルでもパワーアニマルを百獣召還する(ガオレンジャー)アイテムだったみたいで、ビックリドッキリです。

 現代において退化したテクノロジーに乾杯。

 あ、いや、現代にあんなデカイ物が暴れ回ってたら目立って仕方がないから敢えて小型化したんだろうか…。まあ、どっちでもいいですけども。


 んで、総じて見まして、劇場版響鬼。少なくともTV版響鬼のノリではなかったが、良くも悪くも井上脚本でした。みたいな。例年のあのノリが嫌いな人には受けないでしょうね。ええ。

 結局のところ、響鬼は割と微妙な劇場版でありましたとさ。


 次回から響鬼の脚本に井上先生が登板されるらしいですが、さてさて…。どうなることでしょうね?




HOME