4月分日記



飛び降りるぞ! (4/3)



 エイプリルフールネタを用意する暇も無かったぜ。凪…。

 <挨拶

 ジョーです。こんにちわ。

 1日に入社式を終えました社会人一年生です。初日から遅刻しかけて駅までダッシュしました。すんごい息が切れました。日頃から車に頼りきってるせいです。鍛えが足りないです。なので、今度自転車買うことにします。とりあえず、名前はブラックファングと名付けよう。

 そんなわけで、新生活に慣れるまでは不定期更新気味になると思いますが、どうぞごゆるりとお付き合い下さい。

 では、今日は日曜日恒例の特撮レビューですね。先週のはモロ引越し中だったので普通に考えて見れるはずが無いんですけど、あらかじめ俺が帰省中に実家でビデオ録画セットしておいたものを新居まで郵送しててもらいました。こういうことだけは抜け目無く計画的に実行する自分に乾杯。

 それでは先週と今週のスーパーヒーロータイム!



 ウルトラマンネクサス第25話「予兆」。一応総集編。そして、ザ・サード=ネクサス・ジュネッスブルー登場編です。

 総集編なんですけどこれは面白かったですね。ネクサス=姫矢の情報を隠蔽していたことについてTLT上層部から査問に掛けられる弧門・凪・和倉隊長。それぞれの視点から今までのネクサスの物語について語られるって形式は、アニメとかでは割と見るんですけど、特撮で見るのはは初めてかなぁ…と、思ったら、そう言えばシャンゼリオンで法廷話がありましたね。でもまあ、新鮮なことには違いない。

 そして、メフィストと刺し違えて消滅した姫矢について、関わりの深かった人たちがそれぞれ「姫矢はきっとどこかで生きてる!」と、信じて疑っていない構図は、まるで最終回。というか、むしろ最終回。物語としてはここで終わるのも全然アリだな…。消化してない複線あるけど。

 しかしまあ、そんなことよりも何よりも。俺が今回一番感動したのは、ザ・サード=ジュネッスブルー。姫矢亡き後、後釜最有力候補の主人公=弧門を差し置いて、文字通りの第三者がウルトラマンとして参加。

 す、すげぇ…。凄すぎる…。この神展開は一体どうしたら…。

 本作のキモは従来のウルトラマンとは一線を画すシビアな世界観と、主人公=弧門があくまで一般人であるというところなことは今更言うまでもないですが、ここまでそれを徹底してくれるとは思って無かったです。スタッフ凄い。めちゃ分かってる。最高すぎる…。

 それにしても、劇場版のネクストが話に絡んでくるのかぁ…。見てねぇよ…。やっぱり見に行っとけば良かったぁ…。ぐはぁ。

 そして第26話「憐」。ザ・サード=ジュネッスブルー=憐(レン)の日常生活を通じた紹介編です。

 新シリーズ突入に伴ってオープニングが変わった…。更にカッコ良くなっておる…。ヤバイ。ネクサス、マジヤバイ。

 今回は憐紹介編ってことで特に突っ込み所なかったんですけど、突っ込み所が無過ぎたのがむしろ問題で。Aパートなんか普通に新しいドラマが始まったのか、チャンネル間違えたんじゃねぇかとか思ってしまいました。今までメインだったナイトレイダーの皆さんが全然出てこないんだもんなぁ…。

 かくして雰囲気は更にリアル方面にシフトしていくみたいで、ますます目が離せないネクサスを要チェック!



 デスSEED。まずは先週の。「ザクとは違うんだよ!ザクとは!!」こんなネタが出てくるとは…。いいなぁ…。そして、ザフトも連合も主人公=シンも含めた名立たるパイロットを全部まとめて無効化してしまうとは、無敵超人キラ様&フリーダムの強さが圧倒的過ぎ…。

 本当にいいのか?このパワーバランスで。

 そして、今週の。一人単独行動を開始してますます主人公くさくなるアスラン。久しぶりに再開したミリアリアとの会話。「そう言えばディアッカと会ったが…」「えぇ〜?」ディアッカ完全にネタキャラだなぁ…。



 魔法戦隊マジレンジャー第7話「夢の中へ〜ジンガ・マジーロ〜」。マジイエロー=次男翼編です。

 前回自分のレベルを超えた呪文を使ったせいで深い眠りについてしまった魁。その魁を目覚めさせるため、翼が魔法薬を調合する!…と、いうお話。

 とりあえず、魁復活のために必要な夢の中に入るための魔法薬の材料がステキ。「ナイスな歌を聞かせて育てたバナナ」と「汚れた水の中の汚れてないところ1リットル」と「蜜を集めないはずの女王蜂が何故か集めた蜂蜜」か…。

 マニュアルがあるということは当然先駆者が居るということですが、このドラッグを最初に作ってみた人は何を思ってこの材料を混ぜてみたのでしょうか?これはかなりのミステリー。意外と普通のバナナと水と蜂蜜でもイケるのではないかと思います。

 他の見所としましては、僕らの蒔人兄者の「サラダパワーを見たか!」発言と、最後のエピローグの魁の寝言。


 「怖がらないで、山崎さん…。小兄って顔は残念(邪険?)だけど、心は優しいから…」


 末っ子って美味しいポジションだなぁ…。

 そして、今週の第8話「君こそヒロイン〜マジュナ・マジュナ〜」。マジブルー麗&マジピンク=芳香のマジカルシスターズ編です。芳香が女優のオーディションを受けに行く。しかし、それに付いて行った麗の方が審査員の目に留まり、最終審査を受けに行くことに。そこに出現する冥獣。芳香は麗にオーディションを受けに行けと言い残して一人兄弟たちに加勢しに行くが…と、いうお話。

 ええと。今週ですね。歌って踊るマジカルシスターズの活躍を両の眼をしっかと見開いて刮目せよ!とか、そういう話ではなく。普通に芳香のいい姉ちゃんっぷりが爽やかだったり麗が実は目立ちたがりだったりするのが微笑ましかったり、でも芳香のキャラだったら麗をオーディションに合格させた後で自分もそのコネでちゃっかり芸能界入りを目指すというのもアリだよなぁとか思ったり…って、ごめん。俺、嘘ついた。

 四の五の言わずに二人の勇姿を脳裏に刻み付けておけ。

 今回の冥獣退治のキメ技で新呪文の「ジー・ジー・ジジル」。テレ朝公式HPの解説文が、チアリーダーのポンポンを手にしたマジカルシスターズが、華麗なチアリーディングで敵の身も心も虜に!で、あるところからしても既に推して知るべし。既に魔法でもなんでもねぇです。アレで冥獣が倒せたのは何故だ!?見るに耐えかねて自爆萌え死んだのか!?

 マジレンって安心して見られる楽しい番組ですね!



 仮面ライダー響鬼第9話「蠢く邪心」。ヒビキさんパワーアップ!オオアリを倒したぞ!と、いうお話。

 とりあえず、ヒビキさんのバチから炎がとんだー!!これが本当の火バチだぁー!!ヒビキさん、修行で強くなるんですね〜。昭和ライダーみたいですね〜。ちょっと新鮮。これ以上ヒビキさんが強くなってどうするんだとかそういうツッコミは禁止の方向で。

 そして、新必殺技のはずの「一気火勢の型」は二本のバチによる同時打撃ってだけで、実際どこが強くなったのかよく分からんとかそういうツッコミはもっと禁止の方向で。

 そして第10話「並び立つ鬼」。イブキさんが追っていた魔化魍は100年に一度現れる大怪獣ガメラだった!イブキさんと協力してガメラを倒すんだ!ヒビキさん!…と、いうお話。

 いやー。今回の魔化魍、実にいいガメラでしたねぇ。

 足を全て引っ込めてガスを噴射して大空に舞い上がってしまったあたり、もはや笑うしかなかったワケですが。ええ。

 そして、イブキさんバイク(その名も「竜巻」!)でガメラを追いかけてダムに追い詰めるヒビキさん&イブキさん。ヒビキさん運転のバイクは当然止まれるはずも無く、追い詰めたヒビキさんは一言、


 「飛び降りるぞ!」
 「ええ〜!?ヒビキさぁ〜ん!」


 そして、哀れ、「竜巻」はゴミの山に一直線。大破。愛車を失ってしまった悲しみを怒りに変えて、ガメラに向かってラッパを吹き鳴らす威吹鬼。こちらも負けじとガメラに跨って太鼓を打ち鳴らす響鬼。例によって他の技とどこが違うのかが極めて分かりにくい新必殺技「豪火連舞の型」でもってガメラを撃破!

 この異常な構図に慣れてきた自分が怖いです。

 どんなヒーロー番組だよ。

 とりあえず、例年の劇場版並みの巨大魔化魍のCGを毎回惜しげもなく投入している特撮パートは毎回凄いの一言ですが、今回は鬼のように凄かったです。さすがはガメラ。

 俺としましては、今回大破した竜巻は、次回登場時には「新竜巻」あるいは「竜巻改」とかに名前を変えて、パワーアップして帰ってきてくれると信じております。

 それにしても、明日夢君周りのNHK爽やか青春ドラマ的ノリのパートといい、響鬼の面白さは大人向け過ぎる。

 おもちゃ売れてんのかなぁ…?

 しかしまあ、面白いことは間違いないですな。響鬼も。

 来週も普通に期待。
ファイブファンタスティックキック! (4/10)



 会社の新人研修でたまたま隣に座った人が元の大学の知人の元彼だったよ。

 <挨拶

 ジョーです。こんばんわ。

 いやー。世間は狭い。こういうこともあるんですねぇ。どうでもいいですけど「あっ!そう言えばジョーさんのこと、確か昔、○○(知人)から聞いたことありますよ!研修で分からないところとかあったら聞きに来ますね!」って、まあ、頼りにされる分には別に構わないんですけどね。自分にできる範囲で互いに協力し合うってのは人としての基本でありましょうし。

 そんなことよりもむしろ俺としては、君が○○さんから俺のどんな話を聞いてるのかがとても気になるよ。

 映研活動くらいなら別に知られても困らないけど、あんな話やこんな話だったらどうしよう。

 …いや、それよりも更に問題なのは「ああ〜。同回生だったら卒業アルバム見てもらったら俺も載ってると思いますよ〜」って言ってしまったが、よく考えたら俺、卒業アルバムコスプレして写ってたぞ。

 どうしよう。何かとどうしよう。


 …と、いうわけで、今後の己の身の振り方の選択肢が着実に狭まっていく気配を感じつつ、とりあえずは今週のスーパーヒーロータイム!



 ウルトラマンネクサスはゴルフで中止だったので、今日はデスSEEDから。とりあえず今週触れておかねばならぬこととしてはOPが変わったとかなんでしょうが、正直前のと最初のがカッコ良過ぎたんで、今回の変更はちょっとマイナスポイントかなぁ…。イマイチカッコ良く無い気が…。いや、映像の方は突っ込み所多かったですが。どこが、とは言いませんが。

 それにしても、時期主人公MSであるところのディスティニーガンダムがそろそろガシャポンとかにも登場してきましたし、そもそもOPが変わるということは3クール目ということでメカ乗り換えの最適期だとは思うのですが、そもそも現主人公MSであるところのインパルスがまだほとんど活躍していないわけで。悪名高き現脚本家の福田嫁こと両澤さん。少なくともロボットアニメのホンの仕事は引き受けない方がいいと思います。

 その点、去年のデカレンの荒川さんなんかは凄い神仕事してるんだよなぁ…。おもちゃのCMをキッチリやりつつ、ドラマの方もキッチリと。

 …と、ここまで書いて、俺がデスSEEDについて批判的な感想を述べる回はかなりの高確率でMS戦が無くて且つミーアとかルナマリアの出番が少ないという法則があることが自分の中で分かって、軽く自己嫌悪に陥りました。



 魔法戦隊マジレンジャー第9話「炎の友情合体〜ジルマ・マージ・マジ・ジンガ〜」。マジレッド=魁編です。

 ウルカイザーとの戦闘中に異次元空間に飛ばされてしまったマジフェニックス=魁とウルザードの愛馬バリキオン。呪いの矢の力で今にも力尽きようとするバリキオンを助けようと尽力する魁。その魁の友情にバリキオンが応えて…と、いうお話。

 何と言いますか、今週はバリキオンですなぁ…。

 生馬ですよ!なまうま。英語で言うとリアルホース。(多分違う

 バリキオンって、今までウルザード様が巨大化して、合体するときにしか出てこなかったからてっきり、あのサイズの馬型ロボットなんだと思ってたんですけど、違いましたね〜。

 これはつまり、本来はあの馬なのに、魔法の力で巨大化してるってことですよね〜。

 私、馬ロボットのパイロットが本物の馬だなんて、Gガンダムの風雲再起以外で初めて見ました。

 凄いぜ!バリキオン!

 そんなわけで、バリキオンと合体時の、主にウルカイザーとかファイヤーカイザー状態の時のこやつらのコクピットがどうなってるのか興味深々ですね!

 チェスピースになったウルカイザー様がバリキオンに跨ってたら凄いラブリーだと思うのです。って言うか、そうであって欲しい。



 仮面ライダー響鬼第11話「呑み込む壁」。今日は明日夢君達の高校の入学式。凄くCGくさい桜が舞い散る中、高校生活の第一歩を踏み出す明日夢君。しかし、いつものように訪れたたちばなは、罠だらけの忍者屋敷と化していたのだった…。と、いうお話。

 すみません。あらすじにヒビキさんが書けませんでした。

 代わりといっては何ですが、明日夢君とひとみさんのストロベリーっぷりでも書きましょうか?…いいですか?まあ、その、遠慮なさらずに。

 派手な戦闘は先週やったから、今週はそういうの無しで戦闘手抜きでもイイよね!って感覚が身についてきましたが、まさか。ガンダムSEEDじゃあるまいし。ここは良い子のスーパーヒーロータイムですよ?

 できれば毎週見所を下さい。お願いします…。

 何と言うか、華が無いんだよなぁ…。今までは毎週必ずあった「BGMが歌に変わってライダーキック!」であったり、カッコいいOPであったりが無いだけで、こんなにも寂しい番組になるんですねぇ。仮面ライダーって。

 ああ、ブレイドは面白かったなぁ…。

 …と、去年の今頃は夢にも思わなかったであろう感慨に浸りながら、熱い展開が始まることを期待。

 敵側にボスらしき人が出てきて、それに伴って童子や姫もパワーアップして、新展開には突入する気配ですが、俺が見たいものが見れるようになるのはまだまだ先の話になりそうだなぁ…。




HOME