7月分日記



トンネルのむこうがわ(7/2)



 安西先生…。半熟英雄が、したいです…。


 じゃあ買えばいいだろって話。

 でも、サカつく3が途中だからさぁ…。


 お前本当に研究やってんのかよ!って突っ込まれそうですが、大丈夫です。やってます。 サカつくする時間の1/4位は。

 先生。先輩。いつも(×5)早く帰ってごめんね♪



 …さて、早いもので7月に入りました。梅雨を明ける頃には僕は23です。 ああ、年取りたくねぇ…。

 そんなことを考える学校の帰り道、車を走らせていると、空き地に看板がかかっている 事に気がつきました。

 『○○書店○○店、8月オープン』

 どうも、よさげな本屋さんが近所に出来るらしい。ひゃっほう!

 僕は最近開発が進みだした新興住宅地(今は田舎とも言う)にすんでるもので、 4月に越してきてからというもの、こういうことばかりであります。

 ディスカウントスーパーとか、
 コンビニとか、
 銀行とか、
 薬局とか、
 何故か夜に噴水が緑にライトアップされる公園とか、

 2月に下見に来たときには影も形も無かったものばかり。
 日々変わる景色に新鮮な毎日を過ごせて喜ばしいというだけでなく、 実際便利になっております。


 …で、その日はもう一つ面白い風景を見かけました。それはもう、ウチの隣の隣に何故か巨大な ボウリングマッシーンが。

 何事かと。

 もちろんボウリングマッシーンと言ってもタマを転がすボウリングではなく、 穴を掘るほうであります。
 まあ、転がす方のボウリング屋さんが徒歩15秒のところにあるという シチュエーションも楽しくはありますが。
 そのときは僕はプロボウラーを目指すかもしれません。

 しかしながら、現実にそこにあるのは穴を掘るボウリングマッシーンなのです。
 僕としてはボウリングマッシーンが出動するケースは、

 1.井戸を掘る
 2.温泉を掘る
 3.石油を掘る

 の三択だと思っているのですが、上から順に2.4倍、15.7倍、15789.3倍の倍率となっております。
 しかしながら、ここで重要なのは穴を掘っていたのは個人住宅ではなく、 だだっ広い空き地であるということ。

 まさか、2ってことは無いですよねぇ…?


 事実は神と業者様のみぞ知る…。
パン屋さんと僕(7/4)



 本日4限を終了したらすぐさま帰省いたします。

 土曜日恒例の今週の種ネタ更新は恐らく月曜日の夜になるのではないかと思われます。

 とか言っておきながら月曜日は帰省レポになったりしてな…って考えが一瞬脳裏を よぎりましたが、よくよく考えるとそれは無いですね。
 そんなネタupしたら僕の人間性が疑われますから。
 色んな意味で。

 通称『参加費を払ってもいいかもしれないディナーショウ』。

 村上さんを始め、ラッキークローバー(俺様命名)の皆々様。
 今回も期待しております。


 さて、話は微妙に変わって、僕の食生活についてなのですが、 突然ですが、僕はパンが大好きです。

 時間が許すなら是非ともパン屋さんでアルバイトさせていただきたいと、 常々思っております。

 昔、ここの掲示板によく現れる某氏にこの話を振ったところ、

 「パン屋さんの店員さんはかわいいから…」(by某氏)

 学問的に言うところの経験に基づく帰納推論でありますが、要は その根拠についての一般性の欠如に甚だしい、過学習のせいでローカルミニマム (局所解)に陥ってんじゃねぇかと思わざるを得ない理論なのであります。
 よって、出力列P(パン屋さんの集合から生成)が存在するときに、 その未知の状態列としての従業員の容姿をHMMによって推定するという問題に 置換して考えると…

 一応、大学で勉強もしてるんだってことをアピールしてみました。


 何だか話がそれまくりですが、要は俺がパン屋さんに行くとお客さんにも 女の人が圧倒的に多くて、男である俺は肩身が狭いということであります。

 日本の食文化においてパンは女性の間で市民権を得ているらしいという一般的事実を 改めて目の当たりにすると共に、そこに存在する男性は先の某氏の理論によって 通い詰めているのではあるまいかとか店員さんに思われてるとしたらちょっと嫌だよな… と、思った梅雨の夕暮れでありました。


 まあ、実際問題として俺のお気に入りのお店は店員さんのレベルも高いですけどね。
欲しいものが分からなくても(7/7)



 京都にリターンしてまいりました。今朝方。

 この度の帰省は最後までハプニングの応酬で楽しかったです。
 これの詳しい話はまた今度書くとして、今回はタイムリーに七夕のお話です。


 今日、僕の研究室のM1雑談掲示板を覗いてみると、 「七夕記念、皆でお星様に願い事をしてみるスレ」が立っておりました。

 全く、いい年した大人が…。

 まあ、僕も立派にその子供心を忘れないメンバーの一員なのは 言うまでも無いことなのですが。

 ところで、このスレ。レスの数がもの凄いのです。70とか。メンバーの数は一桁なのに。
 そんなわけで、気になったので中身を覗いてみました。

 するとそこは〜できますようにが全てを埋め尽くす、願望、欲望が渦巻く ファンタスティックワールドです。


・無事卒業できますように。
・就職できますように。
・彦星と織姫が出会えますように。
・世界が平和でありますように。


 このあたりは無難です。ありがちです。ですが、これは初期レス。続きがあります。


・彼女ができますように(真剣)
・結婚できますように(真剣)
・来年は彼氏のいない女の子の後輩がたくさん入ってきますように。
・研究室に出会いを求めなくていい潤いある生活を送れますように。
(真剣)と書かれている願い事は本気で叶いますように。


 ああっ!待って!ブラウザ閉じないでください!!
 アレなこと書いてますけど、根はいいヤツらですから!

 って、自分で書いてて説得力無いとも思いますが。


 さて、閑話休題。元の話を続けます。このレスたちの中で、 個人的に一番面白かったのは研究ネタでありました。


・○○研の実験データはもう少しまともな物をもらえますように。
・修論がNatureにデカデカと載りますように。
・デカデカは無理でもちょっとでもいいから載りますように。
・せめてScienceでもいいから載りますように。
・プログラムを書かなくてもいい世の中が来ますように。
C言語が母国語の留学生と友達になれますように。


 みんな苦労してるんだねぇ…。

 で、最後に紹介するレスはこれです。


たまたまここを覗いた先生や先輩が引きませんように。



 お後がよろしいようで…。
せつなさ炸裂!(7/10)



 日付変わってから更新なので10日更新としておきます。 よって、ハッピーバースディトゥミーであります。

 これでようやく放置プレイ状態のprofileが更新できます。
 ほんのりと。

 現在時刻0時32分現在、俺様の生誕が誰からも祝われていないという事実は 流石に仕様だと思うのですが、それにしても誕生日を迎えた時の状況が 酔っ払いながらプログラムを組んでいただったのは初めての経験です。

 だって、研究室で飲み会があったらアルコール抜けるまでは 車を運転してお家に帰れないんだよぅ…。

 ちなみにこんな状況で書いたプログラムのソースは、大抵コンパイル通りません。 当たり前ですが。



 さて、ところで皆様、センチメンタルグラフィティ(通称セングラ、チングラに非ず) というゲームをご存知でしょうか?

 まあ、ぶっちゃけギャルゲーなのですが、こやつは色々とそっち方面では 数々のレジェンドで有名なのです。
 それを知らないのはちょっとだけ人生を損していると思うので、 知らない人のために具体的に有名な要素を列挙してみますと、


 ・ゲーム本体発売前に先行発売されたグッズの売り上げだけで開発費の元が取れている
 ・本来は無料配布の体験版の中古が秋葉原でその辺の新品ソフトよりも高値がついてた
 ・満を持して登場した本編は味ゲーだった。
 ・2も出たが、そのOPで1の主人公が交通事故で死んだ


 まあ、今回は1の話をしようと思っているので「味ゲー」の意味を解説しなければ いけないわけですが、これは別に「料理ゲー」という意味ではなく「クソゲーに近いが、 そこはやる人の裁量次第で笑いの要素にできるゲーム」って意味です。
 異議はあるかもしれませんが、ここではそういう定義って事で。

 そんじゃあ、どこを笑うのだと、そこが大事になりますね。僕はこのゲームを やったこと無いんですけどそれなりに詳しいので列挙させていただくと、

 ・OPが暗黒太極拳

 これは超有名です。

 簡単に説明すると、真っ黒な背景に流れる怪しげなBGMにのって 12人のヒロインがジョジョ立ち。

 アニメーションの手を抜きたかったんだな…って製作者心理はよく分かるのですが、 それにしても手を抜くところが絶妙すぎて、その結果としてもう笑うしかない ものが出来たのは果たして良かったのか悪かったのか。

 ただ、これは僕の知り限りクレームを聞いたことが無いので、 このゲームのユーザーはみんなお笑い好きのいい人たちだったんでしょうね。きっと。

 それでは、次のお笑いファクターです。

 ・主人公が幼少の頃日本全国各地でフラグを立てて回った12人の女を訪問して 回るという、豪快なストーリー。

 ヒロインの生息地は北は北海道から南は福岡(だったと思う)までです。 東京在住(だったと思う)主人公は、ヒロインからデートのお呼びがかかれば 日本全国どこにでも、ありとあらゆる交通手段を使って駆けつけます。

 具体的な流れとしては、


電話で「一緒にCDを買いたい」と誘いを受ける

バイト(5000円/日)をして交通費を稼ぐ

飛行機で現地へ

待ち合わせ場所(CD店前)でデート当日まで野宿

ヒロインと一緒にCDを選ぶ

CDを買ったら大人しくヒッチハイクの帰路に着く


 こんな感じです。

 とりあえず、オメーどんなバイタリティだよ。と。

 普通、ただCDを一緒に買うためだけに飛行機使うか?と。

 いくらギャルゲーでもそれはやり過ぎだろ!と。

 大笑いしておりましたよ。高校の頃。
 それがきっと常識ある人間の対応というものでありましょう。


 ただ…です。

 今現在の俺は、大笑いしていたその当時の俺に言ってやりたい。



 お前、そのうちそれを笑えない日が来るぞ。と。

 そんなことを思った23の誕生日。
 もう年取っても嬉しくないね…。
ガンダムSEEDその7(7/12)




 さて、先週は諸事情も絡んでSEEDネタはアップしなかったわけですが…。 っていうか正直、

 「お前ら、このばっかやろぉぉ〜ぅっ!」byカガリ嬢

 位しか俺的に笑えるところ無かったんで。
 まあ、ディアッカ様のヘタレっぷりも中々のものでしたが…。

 つうか、先週あれだけ盛り上がって、次回タイトル「アスラン」で、どうしてあんなに 盛り上がらなかったのか。

 やっぱり所詮は種なのか。

 でも俺は応援してます。


 …で、今週の話です。




 「俺達ザフトが介入しちゃあまずいよなぁ?」

 「…けど俺は、アイツを、あの人達を死なせたく無い。」

 「へぇ。珍しく、って言うか、始めて意見が合ったな」



 以上。

 このシーンは完全にアスランがディアッカの引き立て役

 ディアッカまんせー。


 最初の頃からレギュラーなのにキャラが被ってた同僚イザーク様の方が数十倍おいしい キャラだったせいで全く目立ってなかったディアッカ様。ようやく本領発揮です。

 長い監禁生活で虐げられ続けている内に愛が芽生えたミリアリア様からの 相変わらずの虐げられっぷりもさることながら、汎用性のかけらも無い愛機バスターと、 例によってどこがどう強いのか全く分からない本人のステータスも相まった作品中での微妙なポジション が、なんだか玄人向けキャラのいい味を出してます。
 いつ死んでも話に全く影響なさそうなあたりとか。

 もっとも、今ディアッカ様に死なれるとSEEDを楽しむ要素が激減なので、 出来るだけ長生きしていただきたいです。



 …あ、全然関係ないですけど今週から変わったED、
 何だかリヴァイアスみたいでしたね。
心の栄養源(7/14)



 今日ネット中に見つけた 思い出の週刊少年ジャンプさんの好きなセリフ投票。「お前はもう死んでいる」 「わしが男塾塾長 江田島平八である!」「無駄無駄無駄無 駄無駄無駄ァァァァァァ!!」などの 超有名どころを押さえての堂々の第一位が


 「それは私のおいなりさんだ」


 って、おい。どんな連中が投票してんだよ。

 久しぶりに(ちょっとだけ)読みたくなったじゃないか…。
 でも、家に全巻揃えるのは死んでも嫌。

 …と、言うわけで、今日は最近の読書特集です。


 小説版「バトルロワイヤル2」読みました。今映画館でやってるやつの原作?です。 ええ、そりゃあもう俺はミーハーですので。

 ええと、感想ですね。ある意味当たり前ですが、前作のが面白かったです。 ドラマ性薄いよ〜。前作ほどに「いきなり連れ去られて殺し合いをさせられる悲惨さ」 ってヤツが足りなくて…。
 今回もそりゃあ悲惨は悲惨ですが、その悲惨さは組の事務所に殴り込みをかける鉄砲玉 の悲惨さですから。
 クラス40人もいたんじゃあ話が作れねぇとばかりに初っ端からばたばた死ぬし。

 ただ、ザ・サードマンこと三村君のおじ様大活躍です。
 前作でも話には出てきてましたが、その正体はラ○ィンでした。
 後、七原君も中川さんも出てきます。
 「1」のファンなら多少は楽しいかもね。
 俺でもそこそこは楽しかったです。
 ちなみに設定としては、劇場版BRの続編みたいですね。

 ああ、ちなみに俺的映画BR2のチェックポイントとしては 「加藤夏希@仮面ライダーファム」がワイルドセブンの女スナイパー役で 出るらしいってところだったんですが、なるほど、 なんだかいかにもなキャラでした。

 出番は相当多かったのですが、そのほとんどが回想シーンのため、 映画版で端折られる可能性大。

 別にいいけど。



 後ですね。もう一つあるのですよ。まあ、漫画なんですが、ガンパレの3巻。 ガンパレマニアによるガンパレマニアのためのガンパレ漫画。ついに完結。

 分かる人には分かる書き方すると、めでたくSランクエンディングって事で。 ラストは絶対ブータが出てきて精霊手で止めだと思ってたんですが、 なるほどって感じです。きっとやりたかったんでしょうねぇ…。ああいうラスト。
 俺としても燃え燃えだったので良し。全然アリ。

 ガンパレのストーリーで俺的に一番好きなところは、素晴らしい才能を持ちながら その能力を自らの身の保身と欲望を満たすためにしか使っていなかった主人公速水厚志が 「真のヒーロー」であるヒロイン芝村舞と出会い、気に入られようと思って一生懸命働いてたら 気がついたら世界を救う英雄になってたところなのですが、さてさて。

 まあ、要約すると、世界を救ったHEROである速水は確かに偉いが、速水がHEROになるように 仕向けた舞はもっと偉いってことで。
 これを一般論だとすれば、世の男性は女性には頭が上がらないのかもねってことになりますよね。

 それはつまり、事あるごとに女王主義社会を形成しようとする富野由悠季大先生は ひょっとしなくても天才だってことです。



 そんなこんなで、最近は満足のいくエンターテイメントなものによく出会えて、 俺としては大変満足です。

 満足は満足です。充実しております。
 …ただ、


 『一人萌えメール第二段』
  「ターゲットの誕生日情報をゲットしますたハァハァ」


 などという電波メールを送りつけてくる輩も世の中には純然と居るわけで、 こやつと俺とではどちらが充実した毎日を送っているのか、等と考えると夜も眠れなくなるとか なんとか。

 そう言えば昨日のファイズ、村上さんが久々に手から電波攻撃して張り切ってた なぁ…とか、全然関係ないけど思い出しましたとさ。
続・心の栄養源(7/17)



 この間帰省したときに購入したブツとして「キテレツ大百科 ソングコレクション'92」 なるCDがあるわけですが、いや、これはもう見つけた瞬間懐かしさのあまり速攻で GETしたブツなのですが、これはアタリでありました。小学生の頃聞いてた曲が 満載されておりました。
 具体的には、お料理行進曲とか、はじめてのチュウとか。

 まあ、それはもう意味分からん曲が多くて最高です。

 この時代の音楽のコンセプトは情熱と欲望ではないかと勝手に勘違いするに 十分です。

 大層気に入ったので、小生、学校までの毎日のドライブの時間に毎日聞いております。

 エブリデーリッスントゥミーであります。

 僕とメリーはただの友達であります。


 …しかし、声を大にして言わねばならぬことが一つ。


 朝の登校中に「すいみん不足」を聞くのはいかがなものか。


 今日もいつものすいみん不足
 体がほてってきちゃったよ
 たくさんやることはあるのに
 アタマがちっともはたらかない


 朝から鬱になれること請け合い。



 ああ、そうそう、手から電波の村上さん(@スマートブレイン社長)の パワーの秘密は天空城のマスタードラゴン様にパワーを授かったかららしいという 仮説を元に、実は「オルフェノクの王」とはマスタードラゴンのことであるという 説を提唱してみようかと思うのですが、そもそもマスタードラゴン様は変身ベルトを 着けれそうにないよなぁ…ってんで頓挫しました。




黙祷(7/18)



 7/18の京都の天気は午後から小雨。

 実家の愛犬ジャンプの死を知ったのは学校の帰りの駐車場。

 確か俺が小学校2、3年の頃に飼い始めたので、享年13〜14歳。

 犬にしては長生き。天寿を全うしたのでしょう。

 「長い間お疲れ様でした」と、言ってやりたい。










 正直、親父が死んだときよりも悲しい。










 …一瞬、俺の脳裏をよぎった我ながら不謹慎だと思うネタを思いつくままに書くと、 俺と違って軽い冗談も通じない真面目なマイブラザーが例によって 相葉祐樹@リヴァイアスの如く

 「この、クソ兄貴がぁぁッ!!」

 ゆって、精神コマンド「熱血」かけて襲い掛ってきかねないので、 今日はオチ無しです。

 って言うか、出来れば無かったことに。
 見なかったことに。




 友よ。安らかに眠れ。
 君と過ごした日々は決して忘れない。






ガンダムSEEDその8(7/19)




 最近サカつく依存症が高じてサッカー好き度が増してきて、「似非サッカーファン」から 「駆け出しサポーター」ぐらいには成長してきたのではないかと思うのですが、 そろそろ実際のJリーグもチェックするかと思い立って「京都テレビ」を つけると地元、京都パープルサンガの試合をやっていたわけで、 これ幸いと見ていたわけですが…。
 やべぇ。

 松井以外の選手の名前が分からない。

 だって、ホラ。ゲームでやってる時は日本代表クラスの選手じゃなかったら スカウトする意味無いから一々チェックしないからさぁ…。

 対照的にレアル・マドリードならすげぇよく分かるですけどね。サカつくやってると ああいうチームになりがちだから。

 ううむ。一人前のサッカーファンへの道に思わぬ障害が。

 将来はJリーグのチームの本拠地があるところにしか住まないぞ。とか、勝手に盛り上がって いたのでありますが…。

 これはつまり、俺にスペインに住めという神様のお告げなのでありましょうか。

 それはちょっとキツいかな。



 …と、いう長い前置きを置いて、今日のSEEDです。


〜今日のお話の簡単なあらすじ〜

ラクスの父、白昼堂々と暗殺される。
ラクス、ザフトの全国民に電波テロ発信。
地球軍の変態軍団、宇宙(そら)へ。


 以上。だって内容薄いんだから仕方が無い。

 基本的に「ラクス・クラインは平和の歌を歌います」ってことで、「歌姫が戦争を止める」 という、とってもマクロスな展開になることはよく分かったのですが、 それにしても同じことを種でやると、どうしてこんなに電波じみているのか。

 今週はもう、不満たらたらです。


 変わったOP、前のが好きだったし。

 戦闘シーン無かったし。

 ディアッカの出番も無かったし。



 …あ、それが一番大きな理由か。
コーラス(7/20)



 555hit記念ということで「 その週の555より日々の生活に役立つ一言を紹介するコンテンツ」 を作成しましたので、そちらもよろしくお願いします。 これで日曜日の更新のネタは安泰だ。


 …さて、今日は今更に某リローデッドを観るという目的で京都市を ぶらぶら散策したのですが、あそこは何というか、とても雅ですね。

 福岡で言うところの小倉以上天神未満といった規模の商業地な役割をしっかりと持って いながら、建物や道路の趣が明治だか大正だかの趣を持っていて、素晴らしいです。

 正に雅。としか表現できないというか、何と言うか。


 ただ、この街には"それゆえの"問題点があって、俺、すっげー道に迷いました。 いかに凄い設備を揃えた新しい映画館であろうと、外装だけではパッと見で分からぬ ので。道も入り組んでるし。


 そんなこんなで迷ってると、携帯にメールが。

 要約すると、
 「蝉が鳴いている。夏だな。雨が凄くて博多駅が水没した。

 …どっちだよ。それとも両方か?

 「両方だ」と判断した俺はメールを返しました。

 「君は駅が水没する位の雨でもお構いなく鳴くようなパワフルな蝉と友達なのかい? ha,ha!」

 「否。彼奴らは雨上がりの歓喜の合唱をしておるのだ。」



 …なるほど。やっぱり両方だったな。
結局意味が無い(7/24)



 昨日、研究室から早期脱出してサッカーU-22日本×韓国戦を生で観るために家に帰り、 その結果、「ファンタジスタ」松井の華麗なプレーの数々に最早悔い無しって感じでした。
 サカつくでステータス度外視で獲得してスタメンで使うことに決定。

 んで、昨日の今日。研究に関係ありそうな論文をNCBIから引っ張ってきて、いそいそと 真面目に研究しているポーズしてたのですが、アレですね。 英語を読むのがダルいとかそういう問題ではなくて、英語の論文と向き合ってると 5分で眠くなるのはどうかと思いますよね。

 いやぁ、きっと、英語の論文には文章中に特定の人物が読むとα波を増幅させるパターンが 刻まれてるんだよ!
 …と、考察しても、およそと名の付く物の解析は俺が情報工学で最も苦手な分野 なので、検証のし様が無し。やる気も無し。


 一応、本人が昨日のフォローのつもりでも、研究室で眠りこけているヤツの評価が 上がることはあまり考えられない。

 よって、結局意味が無い。


 …で、それとは別件でもう一つ。

 最近、大学に市から依頼が来ていた「小学校でパソコン教室の手伝いをする」 バイトまがいのものに参加することになりまして、この一週間、 小学校に出入りしているのですが、その事前研修会で市役所の人に言われた言葉。


 「君達は先生と比べて年が若いという理由で生徒から
  もてると思うが、絶対に本気にならないように


 相手は小学生ですが。

 正直、去年、高校に教育実習に行ったときはちょっとだけ萌えましたが、 さすがに小学生は有り得ません。有り得る人ごめんなさい。

 ところで、こういう指導を受けるベテランになって気付いたのですが、いや、本当は もっと早く気付くのが普通なのですが、これというのは結局のところ、

 ・やらない人は言われるまでも無くやらない。
 ・やる人は何と言われてもやる。

 よって、結局意味が無い。



 何と言われてもやる人ごめんなさい。
ガンダムSEEDその9(7/26)




 アバレッドジャケ(\30k)届きましたヒャッホー!

 4月に注文してたんですけど、ようやく届きました。発送が遅かったのはきっと 東映の予想よりも売れ行きが悪かったからだろうと思うのですが、どうでしょう? 予定の300着は未だに売り切れてないようですし。
 それとも、限定300着というのはフェイクで、コレクター心理をくすぐってるだけ でしょうか?ハリケンまでは割と速攻で売り切れてたんで、多分本当に限定商品だったんでしょうけど。

 まあ、どちらにせよ買ってしまう駄目な大人としては、 全然全くこれっぽっちも関係ないですが。

 で、実際に手にとってみたブツの感想ですね。値段がアホみたいに高いという事実は ダイノガッツでカバーするとして、ナイロン製のジャンバーそのものと言える装着感は、 基本的に夏場の着用を否定する作りになっていて、 俳優さんの溢れるダイノガッツに脱帽です。
 いや、本当に頭が下がります。

 個人的にMy Best戦隊ジャケはガオジャケなのですが、今回のアバレジャケも 中々面白いですね。何かこう、ギミック満載、遊び心満載って感じが。 やけに重い仕様であるのもうなずけます。



 …で、あ、そうそう、今週のSEEDでしたね。

 では、恒例のあらすじから。


〜簡単なあらすじ〜

 もうすっかりアークエンジェルのクルーになったアスラン様、 ザフトの最高指揮官である父上殿を説得にプラントに帰る。
 父上殿と口論に。拘束されるアスラン。
 クライン派の方に救出されるアスラン。ラクス艦長の戦艦エターナルへ。 そこで副長(戦闘指揮官?)として待っていたのは死んだはずの砂漠の虎。
 プラントを脱出するエターナル。ザフト軍の攻撃を受けるも、救援に駆けつけた キラ様の活躍で事なきを得る。
 戦闘後。アスランとラクスは元婚約者という事で決着。



 確か私、今週は「ラクス出撃」ってサブタイトルだったと記憶しておりますが、 嘘ですね。今週はアスラン様のお話でした。


 そんなわけで、今週のアスラン様の名言集。

 プラント帰還前。心配するディアッカに、
 「俺が帰らなかったら、ジャスティスはお前が使ってくれ。」

 連行される時。「見損なったぞ」と言う父に対して、
 「…俺もです。」

 護送車に連れ込まれる直前に抵抗。その結果、助ける手筈を整えていたクライン派と ザフト軍で撃ち合いになる。「段取りが無茶苦茶だ」と言うクライン派の兵士に対して、
 「いや、知らなかったんだ。」

 戦闘終了後。キラとラクスが仲良さそうに話をしているのを黙ってみている アスラン様を見かねたカガリの「いいのかよ、お前の、婚約者だろ…。」という言葉を受けて、
 「元、ね…。俺はバカだから…。」



 俺がどのセリフで一番身悶えしたかは敢えて語りませんが、 やっぱりアスラン様はヒーローでありました。ディアッカ様とは別の意味で大好き。 って言うか、少なくともキラは主人公だけど主人公じゃねぇ。

 それにしても今週は地味に見所満載でしたね。

 まずは前半戦最大の敵であった「砂漠の虎」アンディーさんの復活。 恋人のビビアン・スーさんはどうも、お亡くなりになられているようでしたが。
 それにしても何故専用の虎カラーバクゥを二人乗りで操縦していて仲良くキラ様に 撃墜されたのにもかかわらず、片割れだけが生きてるんでしょう。謎です。

 次に、戦艦エターナルの初お目見え。フリーダムとジャスティスの専用戦艦らしい。 それにしても、ラクス用ってことでピンクなんでしょうか。もしそうだとしたら、 設計の段階でクライン派の人が関わってたことが明白で、しかもフリーダムとジャスティスの 運用を前提の設計なんだから、これを奪取されたザフトの人は相変わらずアホです。

 これだけの状況証拠がそろっていて何故にやすやすと奪われる?

 フリーダムの時の教訓が全然活かされてないよね。

 やっぱりザフトの人たちはラクス(以下略)。


 …で、専用艦ってことはフリーダムとジャスティスはエターナル所属になるんだろうけど、 そうしたら我らがアークエンジェルの守備はどうするんだって、思いますよね? なんたって今までは事実上キラ様が一人で守ってくれてましたからね。

 でも、そのあたりは恐らく大丈夫です。
 確かに無敵の戦闘マシーンキラ様は居なくなってしまいますが、

 ミリアリアの為なら死ねるディアッカ@バスターガンダムと、 マリュー艦長の為なら死ねるフラガの兄貴@ストライクガンダムが、 文字通り死に物狂いで守ってくれることでしょう。



 その結果として最終話まで生き残れないかもしれませんけどね♪
無念(7/28)



 hikoさんと555見てヲタ話してたら気が付いたら日付を回ってましたが、 俺の脳内ではまだ28日ということで、28日の日記です。

 最近日記1回当たりの分量がアホみたく多くなってるので、今日は軽めに。 ネタは微妙ですが、鮮度が命なので。


 さて、この日曜日ですが、日本橋(難波)のジュンク堂に行ってまいりました。 目的はいつものように「学術本を探しに」ですが。
 SSSアルゴリズムについて詳しく書いてある本を探しに行ったのであります。 いや、別に、SSSと555がパッと見で形が似ているからじゃあ無いですよ。念のため。

 で、お目当ての本は結局見つからなかったのですが、店を出る前に、店の中に張ってあった ポスターに気が付きました。その内容は、


 「半田健人、握手&サイン会」


 生ファイズ。

 そう言えばあの男、この間写真集出してたか…。

 しかし、狂喜乱舞するも、よく見ると日付は前日。


 「くそぉぉっ!ファイズぅぅッ!!」(木場さん調)


 悔しがっても、時は戻りません。
 なので、だったら、今日はどうだと。
 今日も何かイベントがあるんじゃないかと。
 探しました。
 そして、見つけました。


 「加藤鷹、握手&サイン会。本日13時より」


 いらん。
危機回避(7/30)



 先日のこと。小学校の先生を対象とした『ホームページの作り方講習』の、 講師の先生の助手としてお仕事をしてきました。
 そこでの講師の先生との講義中の一コマ。

 「ところでジョー君は自分のホームページ持ってる?」
 「持ってますよ。一応。当たり前じゃないですか。ハハハ。」

 教える側として、経験者であることをアピールすることは信頼を得るための初歩の初歩。 それはもう、自信を持って答えました。しかし、これがヤブヘビ。


 「じゃあ、今から君のホームページにアクセスしてみようか。」


 無理。

 このHP、パッと見は問題無いですが、パンピーに日記を見られると非常に困るのです。 ただでさえ普段の話題が種ガンダムとかファイズとかアバレンジャーメインで 非常に『これはどうか?』という感じなのに、その日に限って、ネタのオチが加藤鷹。

 慣れないことはするもんじゃないと、つくづく実感。


 …しかも、相手の人達は小学校のセンセですよ?

 俺は「高校の先生の免許持ってます」で通ってますよ?

 教育者の端くれですよ?

 何かこっちに尊敬の眼差しが集中してますよ?

 アクセスされた瞬間別の意味で尊敬されますよ?

 少し泣いてもいいですか?



 一瞬、ニュータイプ同士が出会った瞬間のように刻が見えましたが、 妄想の世界に逃げているわけには行きません。

 他人事ではないのです。

 己の報酬1マソ円/日自尊心を賭けた勝負の時です。

 ・いや〜。URL憶えてないんですよ。すみません。
 ・検索不可に設定してあるんでgoogleでも行けないんですよ。
 ・あ、でも、参考にするならこのHPなんてどうですか?

 話題のすり替えcomplete!

 この論理の流れ、俺の脳だけがまるでアクセルフォームに変身したかのように、 スムースに、間を置かずに、たたみ掛けるように溢れ出てきました。

 ああ、555を毎週見ててよかった(違

 …それと、



 人身御供にした方、ごめんなさい。
誤算(7/31)



 さて、明日からお盆過ぎまで帰省するので、ひょっとしたらその間は更新できないのですが…。 今更ながらこのサイトに大問題があることが分かりました。

 それは、タイトルが違う。と、いうこと。


 このサイトの名前、R.C.protの由来は「一見意味の無い情報でも並べてみたら何か見えてくるかもね」という意味を込めて、生化学用語の「ラマチャンドラン・プロット」だということで間違い無いのですが、これが大問題です。

 実は、綴りが違います。


 R.C.は間違いようが無いとして、問題はprot。

 この場合、正しくはplotですね。

 初歩の初歩ですね。

 普通、サイト立ち上げる前に調べますよね。

 正直、お前はアホか?って、思いますよね。


 アホかどうかは置いといて、俺も一応、サイトを立ち上げる前に調べましたよ。 でも、その時には気が付かなかったんですよ。
 だってgoogleで「R.C.prot」で、いっぱいヒットしたんだもんさ!

 でも、その時には本当に気が付かなかったんですよね。

 「prot」が実は「prot.」で「protein」の略だったなんて。

 RC.prot.即ち、ラマチャンドランプロットに乗る蛋白質のこと。
 (↑だと思われる。)


 ムムム…。


 ほんの少しだけ、微妙に、当初のイメージとは違うが…。



 良いという事にしておこう。




HOME